文章や画像スキャンすることは普通のスキャナーでの経験はありますが、さすがにあの大きさのサイズを外で持ち歩くことは大変・・・。

そこで携帯できるハンディタイプのミニスキャナーを通販探していたところ良い物発見!

今回購入したのは「Kenko ハンディスキャン KS-H mini」という商品です。

ケンコー・トキナーはカメラとスキャナーに力を入れている会社なんだな~と初めて買うメーカーだと思いきや、

前回ご紹介した防水デジカメ DSC880DWもケンコートキナーの商品であることに驚きました。

最近はブランドに拘らず、使いたい機能が装備されている物を買っているのでメーカーは気にしていなかったんですよね。

「Kenko ハンディスキャン KS-H mini」の価格は安いため、試しに使ってみたいという気持ちで購入しました。

では、「KS-H mini」の商品をご覧になってください。

KS-H miniの箱画像

パッケージには良いこと書いてあるけど本当に使えるのかな。

KS-H miniの箱拡大画像1

KS-H miniの箱拡大画像2

口コミレビューを見て購入したのですが、名刺のスキャン用に購入している方が多かった。

でも、そこまで人気のあるハンディスキャナーではないのでレビュー数も少なかったですね。

Kenko ハンディスキャン KS-H miniの中身画像

名刺用の台もちゃんと付属されているので名刺をデジタル保管する人向けかも。

スキャナーのサイズは名刺用の台と比べれば大体わかりますよね。

いや、ほんとにコンパクトで鞄に入れても嵩張ることはないと思います。

KS-H miniの本体画像1

カラーの種類も結構ありましたが、赤色がガンダムみたいでカッコイイと思って決めました。

KS-H miniの本体画像2

安いわりにはスキャン部分もしっかりとした作りです。

しかしコンパクトサイズなため、この幅を超える写真のスキャンをする場合は、やはり大きいサイズのスキャナーにした方が良いですね。

文章ならともかく写真を半分スキャンして、もう半分をスキャンなんて難しいと思います。


☆Kenko ハンディスキャン KS-H miniを購入し使ってみた感想☆

私の目的はOCRソフトで文章をスキャンして変換することに使いたいと思い購入しました。

使い始めはスキャンを綺麗に出来ないため、文章に変換することよりも、まずはスキャンに慣れることから始めました。

スキャンに慣れてしまえば、OCRでの変換も問題ありません。

しかし画像データを完璧に文字データへと変換することは難しく修正も必要になるでしょう。

あと、新聞の広告部分の文章をスキャンして変換したところ、文字化けしてしまい使い物になりませんでした。

新聞や雑誌などに使いたいと思っていたので、ちょっとショックですね。

使い方をちゃんとマスターすれば出来るのかもしれませんが・・・。

文章をスキャンするよりもKS-H miniは名刺や写真(画像)などをスキャンするのに良いかもしれませんね。

絶対オススメ!とは言えませんが、使えないことはないです。

購入を検討している方に注意してもらいたいのは、KS-H miniのサポートは終了していますし、Windows8のOSではエラーが出るなどの口コミもあるので、長くは使えないハンディスキャンかもしれません。

Windows7では問題なく動作しているので、OSのサポートが終わるまでは使い続けてみますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kenko ハンディースキャン KS-H mini ピンク
価格:1980円(税込、送料別) (2017/7/19時点)