札幌 DO夢で液晶モニターiiyama ProLite E2382HSDを購入したよ!

iiyamaの液晶モニターProLite E2382HSD(新品)を購入したので、ご紹介します!

今まで使っていた液晶モニターは15インチでした。(笑)

そろそろ、デカイ液晶でも使おうとネット検索していてProLite E2382HSDを見つけたのです!

購入したお店はDO夢(DO-MU)です。

パソコンが好きな方はご存知ですよね!

店舗でも買えるし、通販でも購入可能なのでとっても便利ですよ。

中古パソコンも豊富にあるので、見ていて飽きないです。

ヤフオクで中古液晶モニターを買っても良かったのですが、

実物を見れないのは怖かったので辞めました。

それでは、iiyama ProLite E2382HSDの写真を撮ったので暇だったらご覧ください↓

ProLite E2382HSDのケース(箱)

さすが、23インチとなると箱も大きいです。

重量はそんなにありません。(本体:3.3kg)

ProLite E2382HSDを開けてるところ

箱を開けると、コンパクトに液晶モニターが収まってます。

そういえば、新品のモニターを買うのは初めてです。

ProLite E2382HSDの中身

箱から出した写真です。

入っていた物は、

・23インチiiyama ProLite E2382HSDの液晶

・液晶ディスプレイの台座

・電源ケーブル

・スピーカーケーブル

・DVIケーブル(HDCP対応DVI-D端子、D-SUB)

・説明書、保証書

になります。

iiyama ProLite E2382HSDの液晶写真を撮ってみた↓

ProLite E2382HSDの表

前面側になります。

ProLite E2382HSDの裏

後面側になります。

台座を取り付けた写真↓

ProLite E2382HSDの台座取り付け

めちゃ簡単ですよ!

スタンドネックを液晶モニターに取り付けます。

スタンドベースをスタンドネックに取り付ければ良いだけです。

最後にケーブルホルダーを差して完了!

注意点は液晶モニターに傷が付かないように慎重にやりました。

iiyama ProLite E2382HSDの液晶モニター組み立て完成写真↓

ProLite E2382HSDを設置した写真

うおっ、デカイ!!!!!

凄く嬉しいです。

まだ、保護テープやiiyamaのステッカーとか剥がしてませんが(笑)。

早速、大きい液晶にしたらどれだけ違うのかデスクトップパソコンで試しました。

感想なんですが、字が小さい!

今まで、15インチの液晶モニターを使用していたので、いつも近くに置いてありました。

23インチだから、距離を離したのですが、これじゃ目が悪くなる!

そこで、ディスプレイ設定で解像度は1920×1080のままにして、

○画面上の文字を読みやすくするために、

「テキストやその他の項目の大きさの変更」をクリックし、
「中(M)125%」に設定すると、見やすくなりました。

○インターネットを見る時も文字やサイトの画面が小さいので、

キーボードの「Ctrl(コントロール)キー」を押しながら、
「+(プラス)キー」を押せば大きくなります。

小さくしたい時は「Ctrl(コントロール)キー」を押しながら、
「-(マイナス)キー」を押す。

標準に戻すには「Ctrl(コントロール)キー」を押しながら、
「0(ゼロ)キー」を押せば元のサイズになります。

これで、快適に使用出来そうです。

iiyama ProLite E2382HSDの液晶モニターは環境にやさしく、

バックライトはホワイトLEDを搭載しています。

省エネにも期待できる液晶モニターみたいですね。

最大画面解像度は1920×1080(フルHD1080P)に対応。

ワイド画面の液晶モニターで、23インチの大画面は初めてなので、私は慣れが必要でしょう。

23インチワイドと15インチを比較してみた↓

ProLite E2382HSDを15インチと比較した写真

大きさが、全然違います。(笑)

15インチを今まで良く使っていたなと、自分でも感心しております。

iiyama ProLite E2382HSDの液晶モニターを欲しい方もいると思いますが、

DO夢では売り切れになり、ホームページから削除されておりました。

私はDO夢で\13.800円で買いました。

上記の価格より安く買える通販やショップを見つけたらブログにUPしたいと思います。

DO夢のサイトを見たことがない方はご覧になってください↓

>>>札幌のパソコンショップドーム/DO-MU<<<

欲しい商品があると思いますよ!

iiyama ProLite E2382HSDの詳細は⇒iiyamaの公式ページ

それでは、また!